病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
個人情報保護方針
入札広告
入札結果
契約公開
倫理委員会
tiikikyougikai
情報公開
カウンター

リハビリテーション科

内科診療部
診療部長
橋本 豊年
 整形外科診療部
診療部長
梶谷 充
特色

県下初のリハビリ専門病院として、開院当初より充実した人数と内容で、一貫した総合リハビリテーションを目指し、スタッフが診療に当たり入院患者様の365日リハビリテーションを実施しております。
回復期リハ病棟を持つ他、ブレースクリニックの開催等を行っております。


対象疾患

  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷などの脳血管障害に基づく片麻痺・失調症・失語症・失認・記憶障害・嚥下障害。
  • パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患。
  • 頸椎症性脊髄症、変形性腰椎症、頸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの脊椎、脊髄疾患。
  • 変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチなどの関節疾患、大腿骨頸部・転子部骨折、上肢・下肢骨折。
  • スポーツ障害

スタッフ

理学療法科、作業療法科、言語療法科の3部門に分かれ、機能障害に応じて個別に患者様に対応しています。また医師、看護師とも連携しチーム医療を行っており、必要に応じて患者様の自宅などの家屋改造にも、実際お伺いして改造のための助言を行っています。


回復期リハ病棟

59床を有しております。この病棟は対象となる患者様の寝たきり防止と社会復帰を目的に集中的にリハビリテーションを行う専門病棟です。専門の医師1名、理学療法士3名、作業療法士2名が治療に当たっております。病棟のベッドサイドから退院まで関連各科と密接に連絡を取りながらきめ細かいリハビリテー ションを目指しています。

ブレースクリニック 

毎週火曜日午後3時から、装具・義足・コルセット・車椅子などに関してご相談を受けるとともに作成を行っています。お気軽にご相談ください。



機能訓練室
 広々としたスペースで運動障害をもつ患者さんに関節の動く範囲を広げたり、筋力強化、バランス改善、あるいは麻痺して動きにくくなった体の使い方など身体機能の改善を目指します。
物理療法室
 温熱や電気刺激等を用いて肩こり、五十肩、腰痛などの痛みを和らげ、運動を行いやすいコンディションを整えます。
水治療法室
 関節外科後の患者さんを中心に痛みの軽減や、筋肉の柔軟性改善など、温水のリラクゼーション効果を利用しスムーズに関節の曲げ伸ばしができます。

病気やけがにより障害を受けてしまった方々に対して、失われた機能の回復と残っている能力を最大限に引き出すことにより、より質の高い生活と社会復帰を目指します。

作業療法室
 作業療法では主に脳卒中後遺症を持つ方が、その障害の回復を促したり、身の回りの動作(食べる、歯を磨く、顔を洗う、洋服を着る、脱ぐ、トイレへ行く、入浴するなど)や家事動作(掃除、洗濯、調理など)が障害を持った体でも再度できるように訓練しています。
さらに作業活動を通じて自信づけや意欲づけへの精神的な働きがけをします。 明るく、楽しい訓練室です。
日常生活動作訓練(更衣動作)

  片手でも服が着れるように訓練します。
自助具・福祉用具の作成及び紹介
 障害に応じて改良された道具の作成やそれを使った訓練、また福祉用具の紹介も行っています。


 病気やけがにより障害を受けてしまった方々に対して、失われた機能の回復と残っている能力を最大限に引き出すことにより、より質の高い生活と社会復帰を目指します。


言語療法

言語聴覚療法では、
  • 言葉が思うように出ない
  • 相手の話している内容がわかりずらい
  • 舌が思うようにまわらず喋りにくい
  • 食べものがうまく喉を通らない
 などの訴えをお持ちの方を対象に、各部屋において言語・嚥下訓練を行います。
 病気やけがにより障害を受けてしまった方々に対して、失われた機能の回復と残っている能力を最大限に引き出すことにより、より質の高い生活と社会復帰を目指します。
 患者さんにあった上下肢装具、大腿・下腿義足、体幹コルセット、サポーター、車いすなどの処方、採型、チェックをしています。日時:毎週火曜日午後3時から
場所:当院2階リハビリ棟※患者さんにあった処方を行うため、外来で必ず診察を受けてください。病気やけがにより障害を受けてしまった方々に対して、失われた機能の回復と残っている能力を最大限に引き出すことにより、より質の高い生活と社会復帰を目指します。
PageTop