病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
個人情報保護方針
入札広告
入札結果
契約公開
倫理委員会
tiikikyougikai
情報公開
カウンター

外科

統括診療部長
健診センター長
川﨑 博之
消化器外科診療部
診療部長
河合 秀二
名誉院長
西山 瑩

外科診療部
非常勤医師

井関 恒

対象疾患

消化管 ( 食道、胃、小腸、大腸、肛門 ) 肝、胆、膵 乳腺、甲状腺

特色

健診業務をはじめ、病気の早期発見、診断、治療まで一貫して同じスタッフで行うようにしており、患者さんとのコミュニケーションが十分にとれるようにしています。特に内視鏡検査に関しては毎年相当数の症例があり、癌をはじめ各種消化器疾患に対する早期発見を心がけています。癌治療に関しては、手術はもちろん化学療法等にも力を入れ、集学的治療を行っています。また消化管の早期癌に対する内視鏡的治療や、肝臓癌に対する経動脈的治療等も得意とするところであります。 当院で診断された疾患に関して、セカンドオピニオンを希望される場合は資料等の貸し出しを致します。また他院での診断に関するセカンドオピニオンに関しても受け付けております。気軽にご相談下さい。

鼻から楽に内視鏡

(内視鏡検査はもう苦しくない !)


検査中に自由に話ができます。 嘔吐反射「ゲェーッ」「オェーッ」がありません。 少ない麻酔のため、すぐに仕事に戻れます。極細経スコープでの経鼻的胃・内視鏡検査のメリット
  • スコープが下の根元(舌根)に触れることで、咽頭反射(嘔吐感)が起こりやすくなります。鼻からの挿入でこの問題が解決しました。(図1)
  • スコープは従来の半分、5.9mmの細さです。更に、鼻に適したしなやかさでむりなく、スムーズな挿入ができます。
  • 鼻への麻酔も微量で、身体への負担が軽減されます。
  • 患者さんは、モニターに映し出される自分の胃の映像を見ながら、医師にその場で質問できます。
  • 患者さんは検査中にしゃべれるため、安全な検査につながります。

PageTop