整形外科

副院長・整形外科診療部
診療部長
梶谷 充
整形外科診療部
医師
東原 直裕
整形外科診療部
非常勤医師
安田 舜一
☆平成29年4月より整形外科の外来が一部変更となります。
毎週月曜日の2診を開始しますが、担当医は梶谷・東原医師のどちらかとなります。
お問い合わせは整形外来までお願いいたします。

痙縮の治療、ボツリヌス治療を平成24年11月からはじめました。
またバクロフェン治療もおこなっています。
お問い合わせは整形外科外来まで。

☆2018年4月20,21日
第130回中部日本整形外科災害学会学術集会おいて東原直裕が「非定形大腿骨骨折の治療経験」のポスター研究発表をしました。
☆2018年6月2日
第106回高知整形外科集談会において東原直裕が「当院でのTKA周囲骨折に対する治療経験」の研究発表をしました。
☆2018年7月28日
第27回MX人工股関節研究会おいて梶谷 充が「寛骨臼回転骨切り術後の人工股関節置換術の検討」の研究発表をしました。
☆2018年11月24、25日
第51回中国・四国整形外科学会において東原直裕が「当院における人工関節周囲骨折の治療経験」の研究発表しました。
☆2019年2月9日
第107回高知整形外科集談会において東原直裕が「NU-Flex SIV ソケットを用いた大腿義肢の治療経験」の研究発表をしました。
☆2019年3月6日
オレンジカフェふなおか において梶谷 充が「救急車を呼ぶタイミング」の講演をしました。

特色

変形性股関節症、変形性膝関節症の患者さんが県下各地から多数来院されます。紹介を含めて骨折その他外傷患者も受け入れています。

また回復期病棟、地域包括ケア病床を有しており在宅復帰をめざした十分なリハビリをおこなうことが可能となっております。

2018年手術件数167件のうち変形性膝関節症、変形性股関節症に対する手術は36件(人工股関節置換術13件、人工膝関節置換術23件)、骨折手術87件(うち大腿骨頸部骨折が35件、上肢骨折24件)などです。

2009年4月から日本整形外科学会ガイドラインにしたがって施設内骨バンクを設立しました。人工関節手術後の再置換術において骨欠損が大きく移植骨を必要とすることも少なくありません。そのため同種骨を採取・保存し、提供することが出来る体制を整えました。

骨粗鬆症については骨密度測定、および血液検査をおこない積極的な治療を開始します。

治療には薬物療法(内服、注射)をおこないます。

また当院では下肢切断の患者さんに対し、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、義肢装具士、及び医療ソーシャルワーカーといった多職種がチームを組んでリハビリ医療に取り組んでいます。最近、糖尿病性壊疽、閉塞性動脈硬化症、外傷などを原因とする切断肢が増加傾向です。他院で手術を受けられた患者さんにできるだけ早期に入院のうえ義足を作成します。より患者さんの状態に最も適した義足を選択して歩行練習を十分おこない自宅復帰、社会復帰をめざしています。

整形外科スタッフ

股関節手術(臼蓋回転骨切り術)

43-10.gif (74358 バイト)

当院の骨密度測定器 QDR2000

43-10.gif (74358 バイト)

痙縮の治療

【痙縮とは?】

脊髄疾患、頸髄損傷、脳卒中の後遺症として運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。上肢では手指が握ったまま開こうとしても開きにくい、肘が曲がるといった症状であり、下肢では股が開かない、足が突っ張る、足先が爪先でのみ接地し踵がつかないなどの症状がみられます。衣服の更衣、歩行障害の障害など日常生活の支障となることが多く、介助を要することが必要となります。

【治療法について】

治療法としては、内服、神経ブロック療法、バクロフェン髄注療法、ボトックス療法、外科的治療とさまざまなものがあります。

当院ではボトックス療法、バクロフェン髄注療法、神経ブロック療法、外科的治療と病状にあわせて治療をおこなっております。特にバクロフェン髄注療法では高知県でいち早く導入しました。

ボトックス療法は、痙縮の原因となっている筋肉にA型ボツリヌス毒素を注射を行います。治療効果は3~4か月継続するので、症状が改善した場合は3か月空けて再度注射を繰り返していきます。逆に悪影響を及ぼす可能性がありその際は注射を中止しますが、数か月で薬の効果はなくなり以前の状態に戻ります。医療費が高額のため、高額療養費制度などの助成もあります。なお、薬剤の準備に時間を要しますので、日程等につきましてご相談ください。

バクロフェン髄注療法とは、バクロフェン(商品名:ギャバロン髄注)を脊髄の周囲へ直接投与し痙縮をやわらげる治療です。 体内にポンプを埋め込みチューブをとおして注入されます。病状に応じて薬量を増減することが随時可能です。ポンプ内の薬液補充を3か月おきにする必要があります。特に下肢全体の痙縮に対して有効な治療法と考えています。

病状によっては、ボトックス療法、バクロフェン髄注療法を両方併用している患者さんもおられます。

治療ご希望、ご相談がございましたら、お気軽に整形外科外来におたずねください。ボトックス療法について下記ウエブサイトを参考にしてください。

脳卒中の後遺症 グラクソ・スミスクライン株式会社公式ウェブサイト
http://btx-a.jp/index.html

バクロフェン療法について下記ウエブサイトを参考にしてください。
http://www.itb-dsc.info/itb/seijin/itb02.html

変形性股関節症の治療

人工股関節置換術について
現在作成中。下記ウエブを参考にしてください。
当院整形外科 梶谷よりメッセージがあります。
head_logo
「関節が痛い.com」は、人工関節と関節痛の情報サイトです。
PageTop