沿革

 昭和30年10月
  高知社会保険病院として発足
   33年 9月
  社団法人 全国社会保険協会連合会が経営受諾
   50年 5月
 高知社会保険病院を引き継ぎ、四国初の厚生年金施設として、厚生年金高知リハビリテーション病院を開院(高知市神田)
院  長:国友 桂一
診療科目:内科、外科、整形外科、理学療法科
病床数:180床(一般165床、結核15床)
   52年 4月
 人工透析室(10床)を新設。
(昭和58年3月 6階に増築移転22床、 平成10年3月 増設29床、平成15年4月 5階に9床増設し現在に至る)
 平成 3年12月
  西山 瑩 病院長就任
    5年 4月
  泌尿器科を新設
    8年 7月
  麻酔科を標榜
    9年 3月
  健康管理センターを新設。「生活習慣病予防健診」事業等を充実
    9年11月
  結核病床(15床)廃止
   12年 8月   回復期リハビリテーション病棟( 59 床)設置
   14年 4月   桑原 和則 病院長就任
   16年 4月   全館禁煙を実施
   24年 4月   山田 光俊 病院長就任
   24年 4月   365日リハビリテーションを開始
   26年 4月   厚生年金高知リハビリテーション病院から高知西病院へ改称
PageTop