病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
個人情報保護方針
入札広告
入札結果
契約公開
倫理委員会
tiikikyougikai
tiikikyougikai
輸血拒否
情報公開
カウンター

透析科

消化器外科診療部
診療部長
河合 秀二
外科診療部
非常勤医師

井関 恒
名誉院長
桑原 和則
シャント外来
野口 智永
人工透析を必要とする患者は高齢化社会とともに増加しています。現在日本全体では30万人、高知県でも2300人を超えております。特に年ごとに糖尿病患者が増えこれが原因で透析に導入する患者が全患者の半数にも及んでおります。糖尿病の重症化予防について行政を巻き込み取り組んでいるところでありますが残念ながら十分な効果を上げていないのが現状です。 透析医療の進歩とともに長期透析患者も多くなり透析歴30年と言った患者も珍しくありません。
慢性維持透析は社会復帰が原則ですが私たち高知西病院透析室は社会復帰を支援する目的で透析日、透析時間の変更、遠隔地からの臨時透析の受け入れ、県外の透析施設への紹介など適宜行い社会復帰が円滑に行えるよう努めております。
受け入れ可能な患者は4シフトて約110名ですが当院地域医療連携室を介して受け入れております。 透析患者にとって必須のシャント管理について高知県全体の40施設の自院でのシャント管理が困難な患者を受け入れられるよう「高知県透析医会バスキュラーアクセスセンター」を開設し「シャント外来」と称して一ヶ月2回(将来的には4回)東京からシャントの専門医を招きシャントの診察、手術, PTAなどを行っております。地域医療連携室を介して予約いただき活用いただければと考えております。尚、シャント外来開設日については毎月ホームページでお知らせいたしますが原則として第1、3水曜日を予定しております。
当院透析室では医師、看護師、臨床工学技士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどが協力し安全でかつ快適な透析医療ができるよう心がけております。


<平成30年7月1日更新>
   

PageTop